専門業者にお任せ

模型とラフスケッチ

住んでいる家屋の窓ガラスが割れてしまった場合、修理と併せて簡単なリフォームを行なうとよいでしょう。通常の交換よりも高い費用が必要となりますが、それを行う事によって様々なメリットが生まれます。最近、複重ガラスやペアガラスと呼ばれるガラスの種類が主流です。この種類では、外気とガラス面の温度差をなくす効果があり、気密性に優れる事や結露防止に大きく貢献します。また、強い日差しを遮る、防音効果を高めるなどの外部からの影響を受けにくくする効果もあります。その他にも、防犯対策や外部からの目線隠しにも効果的とされています、ガラス修理の機会に簡易的リフォームには暮らしに役立つメリトが多いものとなります。

窓ガラス修理では、ガラスそのものを別な種類に変える事は可能です。ただし、規格やサイズが一致していなくてはならない条件があります。古い窓ガラスから機能性高い商品へ交換する場合には、既存のサッシでは行えない事が多いでしょう。最近内窓と呼ばれる簡易的リフォームの方法が存在します。既存サッシはそのまま残し、新しいガラス窓の枠を内側に設置するリフォームになります。これによって、ガラス枠の大きな工事を必要とせず、既存の構造のまま施行できることから費用削減に大きく貢献するものとなります。既存ガラス修理を行わなければならない事もありますが、先ほど述べたように機能性の向上は明らかなものとなります。ガラス修理を機に、今までの生活環境を変えたいという場面では、飛躍的に環境改善が期待されるものとなります。